読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kun432's blog

技術ネタ、読書記録、など。2015年から人生をやり直し中です。

2017年4月に読んだ本

年度末のバタバタも終わって落ち着くかなと思いきや、予想通り全く落ち着かない。ということで、4月は29冊なんだけどマンガがほとんど。

  • ほんとマンガばっかりで、マンガでないものも「マンガでわかる」とかが多い。
  • 雑学系というか、科学系のものをちょろちょろ買ってはいるけど腰が重くて読み始めれてない。
  • 技術書は今のところJSとNodeの本をがっつり、手を動かしながらやってるので読み終えれてないけど、今月中には終らせたいなぁ。

フロントエンドまだまだだけど、やっと手が自然に動く実感が出てきたので、引き続き進めたい。

あとはもう少し違うジャンルについても意識して読みたい。

読んだ本

まんがでわかる7つの習慣 Plus (まんがでわかるシリーズ)

まんがでわかる7つの習慣 Plus (まんがでわかるシリーズ)

マンガでよくわかる エッセンシャル思考

マンガでよくわかる エッセンシャル思考

まんがで変わる! 仕事は楽しいかね? (きこ書房)

まんがで変わる! 仕事は楽しいかね? (きこ書房)

Dr.Hack (Lifehack Lightnovel)

Dr.Hack (Lifehack Lightnovel)

虫籠のカガステル(1)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

虫籠のカガステル(1)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

虫籠のカガステル(2)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

虫籠のカガステル(2)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

虫籠のカガステル(3)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

虫籠のカガステル(3)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

虫籠のカガステル(4)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

虫籠のカガステル(4)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

虫籠のカガステル(5)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

虫籠のカガステル(5)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

虫籠のカガステル(6)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

虫籠のカガステル(6)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

虫籠のカガステル(7)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

虫籠のカガステル(7)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

特攻の島1

特攻の島1

特攻の島2

特攻の島2

特攻の島3

特攻の島3

特攻の島4

特攻の島4

特攻の島5

特攻の島5

特攻の島6

特攻の島6

特攻の島7

特攻の島7

特攻の島8

特攻の島8

竹易てあし漫画全集 おひっこし (アフタヌーンKC)

竹易てあし漫画全集 おひっこし (アフタヌーンKC)

幻想ギネコクラシー 2

幻想ギネコクラシー 2

BABEL(1) (IKKI COMIX)

BABEL(1) (IKKI COMIX)

WOMBS(1)【期間限定 無料お試し版】 (IKKI COMIX)

WOMBS(1)【期間限定 無料お試し版】 (IKKI COMIX)

今読んでる

Eloquent Javascript: A Modern Introduction to Programming

Eloquent Javascript: A Modern Introduction to Programming

近々読む予定

Web Development With Node and Express: Leveraging the Javascript Stack

Web Development With Node and Express: Leveraging the Javascript Stack

Programming Javascript Applications

Programming Javascript Applications

2017年3月に読んだ本

やっと辛く苦しく長かった年度も終わって、楽になるかと思いきやかなり微妙な感じ、、、気を取り直して2017年3月の読書記録。

  • JS本とnode本、読了。長かったし、特にnode本は内容が古くてキャッチアップが少し難だったけど、雰囲気は掴めたので次のステップに進んでみよう。
  • Unlimitedを相変わらずチョロチョロと。これが読みたいとかじゃなくて何の気なしに読むなら、やっぱり悪くない。月額1000円ぐらいがそれに釣り合えば、だけど。
  • 溢れる仕事をなんとかしたい、と思ってパーソナルプロジェクトマネジメントという本を読んでみたけど、わかるがピンとこないって感じ。もう少し色々読んでみよう。

といった感じで、まあそれなりかな、雑学的なものがあまりなかったので今月は増やしたい。

はじめてのNode.js -サーバーサイドJavaScriptでWebアプリを開発する-

はじめてのNode.js -サーバーサイドJavaScriptでWebアプリを開発する-

パーソナルプロジェクトマネジメント

パーソナルプロジェクトマネジメント

実践パーソナルプロジェクトマネジメント

実践パーソナルプロジェクトマネジメント

ふたりの証拠 (ハヤカワepi文庫)

ふたりの証拠 (ハヤカワepi文庫)

第三の嘘 (ハヤカワepi文庫)

第三の嘘 (ハヤカワepi文庫)

AIの遺電子 5 (少年チャンピオン・コミックス)

AIの遺電子 5 (少年チャンピオン・コミックス)

テンプリズム1

テンプリズム1

テンプリズム3

テンプリズム3

テンプリズム4

テンプリズム4

テンプリズム2

テンプリズム2

ちなみに、JS&Node絡みはこの辺りを読む予定/今読んでいる。

Web Development With Node and Express: Leveraging the Javascript Stack

Web Development With Node and Express: Leveraging the Javascript Stack

このオライリー本、架空の旅行サイトをハンズオンで作る感じがとても良いのだけど、JS本でこういうのないかなー

JAWS DAYS 2017に行ってきた

f:id:kun432:20170312172740j:plain

先週に引き続き、今週は東京へ。

AWSの国内ユーザグループによるイベント JAWS DAYS 2017 に行ってまいりましたので、まとめ。

jawsdays2017.jaws-ug.jp

tl;dr

  • AWS関連だと、セミナーやら小さめなイベントとかには何回か参加したことはあるんだけど、こんなに大きなのは初めて。一昨年のYAPCには及ばないものの1000人規模のイベントはやっぱり熱気がすごい。
  • ランチセッションは最高!
  • エンプラ寄りな話も聞けたので、今後の参考になりそう。なんとか導入したい。

参加したセッションの感想

各セッションのスライドはここにまとまってます。 qiita.com

エンタープライズ企業におけるAWS公式採用への挑戦〜レガシーを微笑みにかえて〜 (大橋 衛さん)

KDDIさんでの事例。こつこつやらないといけない、と言うのは理解なんだけど、社外でのアピールが逆に効果があるというのは面白かった。個人的には「動いている」もの見せればある程度納得させれると思ってるんだけど、反対派・否定派ってそこ見てないんだよな、新しいこととか変化が嫌とか、あとなんか気に食わないとかね。なるほど、とても参考になりました。あと、CloudWatch Events、ちょっと試してみよう。

AWS SECURITY DEATH \m/ ~セキュ鮫様からのお告げ~ by Security-JAWS(大喜多利哉さん / 吉江瞬さん / 森永大志さん)

speakerdeck.com

とある案件でWAF入れる予定なので、ちょっと興味もあり参加。

VPNとかの話は割愛、で、VPNとかDirect Connect、オンプレからの移行とかでは必須だろうから興味あるんだけど、あんまり試す機会もないのが悩み。これもう少し突っ込んで知りたい。

AWS WAF、思いの外、評価が低い。まあWAF専業でやってるところと比較すればしょうがないのかも。セキュリティ系は青天井なので要件とコストのバランス次第だし。CloudFront必須と思ってたんだけど、ELBで使えるらしいのでAWS Shield共々検討してみたい。

2016/03/15訂正 再度調べ直してみたところ、CloudFrontは必須っぽい。失礼しました。

AWS Configあまりわかってなかったけど、後述する利用監査とかと絡めると非常に良さげ。EC2 System Managerと合わせると、OSも全部できちゃうらしいので、結構というかかなりすごいのでは。

ランチタイムセッション

お弁当付きでランチタイムセッション最高。これってもともと他のイベントでぼっち飯対策だったと聞いたことがあるんだけど、結局ぼっちだったね・・・

それはともかく、

f:id:kun432:20170312211754j:plain

はてなid:soudai さんによるMackerelの紹介。YAPC::Kansai 2017 OSAKAのベストスピーカーの方をここでお見かけするとは思わず。なんとなく親近感だけ勝手に持ってました。おめでとうございます。Mackerelちょっと使ってみようかなと思ってます。

kintoneとAWSのよい関係(金春利幸さん)

社内業務のツール作るにあたりどうしよっかな?と思ってたところでKintoneを知ったばかりなので、タイミングよく参加。Kintoneでできることがまだよくわかってないのだけど、バックエンドとしてAWSをうまく使えば多分できないことってなさそうな気がする。この手のツールとかって、使い勝手とか言い出すとフルスクラッチになっちゃってコスト高すぎ、逆にかといって出来合いのものをそのまま使うと業務に合わなくて不評、とかありがちで、Kintoneならなんとなくバランスよいところに落とせそうな気がしてて、少し試してみたいと思ってます。

知らない間に使われていませんか? ~AWSの利用監査対策~(多田友昭さん)

大阪ガスさんでの事例。KDDIさんもそうだけど、エンプラで使うのは本質的な部分以外にも色々大変。こういうのが事例として紹介されているのは非常に参考になります。CISベンチマーク、というのも初めて知ったけど、こういう情報がきちんと整理されているのはAWSが他社よりも強い点ですね。GCPやAzureもこの辺り整理してほしい。

dev.classmethod.jp

あと、Cloudtrail、個人アカウントでは使ってなかったので(爆、ポチります。

おとなのたしなみ、おコンテナ by JAWS-UGコンテナ支部(原康紘さん)

speakerdeck.com

docker最近ちょっと触れてないなーと思い参加(普段はvagrantで困ってないこともあり)。

dockerって単純な仮想化の延長線みたいな文脈で考えられる事が多くて、だから挫折する、というのはホントその通りだと思ってて。技術的にも、どっかのサーバをdockerに移行すれば楽になるのでは、みたいな感じでやると、永続的なデータはどうするのか?とかログとかどうするのか?とか、結構気にしないといけないことも多くて、むしろやること多すぎって感じになる。なんかそういうのが言語化された気がしてすっきりした。開発フロー全部に影響する、ということを踏まえて、それでもやるんだ、という価値を見いだせないのであれば、VMwareやらKVMやらを適材適所で使えばいいと思ってます。

とはいいつつ、やっぱりdockerやりたいなー。

APIを叩くだけでない、Deep Learning on AWS で自分だけの学習モデルを作ろう! by JAWS-UG AI支部(長尾太介さん / 中丸 良さん)

災害関連のトークと非常に迷っただけど、最近ちょこちょこAIとか機械学習の本を読んでたこともありこちらをチョイス。今回は理論的な話はなかったのだけど、それでもやっぱり難しいなあというのが正直な感想。HPCとか時間やコストも青天井になりがちだし、その結果の成果も求めていた結果になるのかもわからない。これを仕事でやるとなると、どうしても対費用効果の観点で通しにくい気がする。ただまあそういうのがこれまでだと始めることすらできなかったのが、AWSみたいなクラウドならかんたんに始める事ができる、というのが最大のメリットなんだろうなー。今すぐどうこうということではないんだろうけど、今後を踏まえて、コツコツと情報収集していきたい、って感じです。


まとめ

飛行機の時間があったので、LTは見れなかったけど、熱気があってとても良かったです。

サーバーレスのような新しい技術の話もあれば、エンプラでの導入ノウハウみたいなものも聞けるし、プログラミング系のイベントとはまた違う感じで、全体的に参考になるって感じでした。個人的には、今の仕事が抱えているシステム的な課題はクラウド移行すればかなりクリアできると思っているところもあるので、なんとか導入できるよう頑張りたい所存。

今回の戦利品。 f:id:kun432:20170312215603j:plain

YAPC::Kansai 2017 OSAKAに行ってきた

f:id:kun432:20170304230502j:plain

今回も行ってきたのでブログ書いて終わりということで。元々地元なのでかなりリラックス。確実に家まで帰れるしw

tl;dr

  • テーマが「温故知新」ということで、非常に懐かしいネタがたくさんで、おっさんホイホイ
  • ライブコーディングには魔物が住んでいる。10年戦えないプロジェクター。
  • Wi-Fiがなかったのはちょっと痛かった・・・

参加したトークの感想

メールフォームからメールを送る近代的な方法(azumakuniyukiさん)

www.slideshare.net

SMTP!メールを十年ぐらいやってた身としてはほんともう思い入れたっぷりですが、sendmail.cfとqmailはもう嫌。時代の移り変わりと共にメール送信クラウド化。とはいえ、古いものにも良さはあったりするので適材適所を忘れないようにしたい。

オープンデータを利用したWebアプリ開発(立見哲也さん)

www.slideshare.net

PostGISとかQGISとか。位置情報はいろいろおもしろい部分もあるけど、個人的にはあんまり興味が沸かなかったのが、オープンデータ活用、というところでちょっと興味が湧いてきました。

Elasticsearch 超入門(xaicronさん)

YAPC::Kansai 2017 - Elasticsearch 超入門

よくわからんけどなんかすげー、というのが個人的なElasticsearchの印象。ただきちんとやろうと思うといろいろ考慮いるよねという当たり前の話。これもちょっと試してみたい。

Elasticsearch で作る ranking system のスヽメ(Yappoさん)

www.slideshare.net

応用編。紆余曲折の末、Elasticsearchに至る過程がわかっておもしろかった。最終的に適材適所オチで、結局そうなるよねー。

Webアプリケーションのキャッシュ戦略とそのパターン(moznionさん)

speakerdeck.com

キャッシュは麻薬、効果は高いけど、いろいろ大変、というところはまさにそうで。今回Webアプリケーションに限った話だったけど、DNSのキャッシュとかほんと大変。きちんとした動き追うのが難しくなるので、ここもまたきちんとやろうと思うと大変、という話。個人的にベストトークでした。

Mojoliciousではじめるマイクロサービスアーキテクチャ(さいとうまさあきさん)

speakerdeck.com

Mojoliciousでモノリシックからマイクロサービスに移行した話。実際の移行の流れが聞けたのは良かった。全部Perlで書ける、というのも良いし。あと.pm作る話もよかった。人集まらんかもだけど、小さくshinzaike.pm作りたい。

Perl でわかる!サーバレス(Tatsuro Hisamoriさん)

www.slideshare.net

CGIとサーバレスは同じ、というすごい話。でもAzure FunctionsだとPerl使えるんだなー。この手のやつ、PythonかNode.jsが多くて、最近はNode.jsちょろちょろいじってたんだけど、俄然Azure触ってみたくなった。

なぜからはじめる開発(小林謙太さん)

プロジェクトやチームにおいて本質的な「なぜ作るのか」の話。まさに今、ちょっと技術リーダーとしていろいろな問題とどう向き合えばいいのか、というのを悩んでいたところなので、非常に思うところがいろいろあった。モバファクTシャツかわいい。

SPECIAL SESSION: mail_form.cgi reborn(小飼弾さん&moznionさん)

恨みつらみドリブン開発w いや、ライブコーディングってほんと魔物が住んでるわ。人のコーディングを見てモヤモヤするのってかなり面白かったなー、ペアプロってこんな感じなんだろうか(違。いろいろdisられてるのも面白かった。

Perl ウェブ開発の中世 〜CGIPlack の間〜(OGATA Tetsujiさん)

www.slideshare.net

mod_perl中心にCGIからPlackにつながる歴史の話。個人的にmod_perlはあまり知らないんですよね、CGIのあと、mod_phpに流れてペチパーだったので。インフラ寄りになって改めてテキスト処理とかでPerlに戻った口なので、Plackもあんまり知らなくて、apacheとか使わないの???とかびっくりした記憶がある。まあ

はてなシステムの考古学(motemen

speakerdeck.com

はてなを最初に使ったのは、確かアンテナだった、その後、ダイアリー、ブックマーク、ブログと、なんだかんだ使ってまして。個人的にインフラガッツリやってた頃に、伊藤直也さんがちょうどCTOで、LVSとかLinuxカーネルの話とか書いてて、ほんとよく読んでたなー。そこから時代も流れて、なんか洗練された感があります。

Lightning Talks

八雲アナグラさん

Perl入学式からLTとかすごい!若さっていいなー、と思ってしまった次第。

おささんさん

Twitterの被ブロック検索。見たいような見たくないような。負のエネルギーって妙に強かったりするんで難しい。

azumakuniyukiさん

www.slideshare.net

この時間に飯テロですね。札幌なつかしー。写真にもチラチラ雪が。。。。

白方 健太郎さん

WindowsPerl、あんまり使わないですもんね。ただ開発環境とか無償で使えて、最近のMSはやっぱりすごい。

i47_rozaryさん

いや、もうこういう「意思」がなくて、流れでやってることとかほんと世の中多すぎるんですよね。

makamakaさん

www.slideshare.net

まさかの真面目なPerlの話w。でもすごかった。ACME大全電子書籍化気長にお待ちしてます。

Keynote(竹迫良範さん)

まさに温故知新。アセンブラやらパンチカードとかFM-TOWNSとかNamazuとか、個人的にはSolarisSparcはほんと長く携わったので胸熱。こういう古い技術の積み重ねが今につながってて、かつ、今改めて斬新な感じもあるというのは、なんかすごい歴史の流れというか、ちょっと圧倒されます。前回の宮川さんのキーノートもそうだけど、YAPC主催されるような方はやっぱりすごい、ほんと刺激を受けました。


まとめ

f:id:kun432:20170304230511j:plain

ちょっと古い話もあってとても懐かしかったり、若い人にとっては新鮮な感じで伝わるといいなーと思った次第。

個人的にチェックインスタンプラリー2枚並ぶと、全部コンプしないといけない気がしてきて、

f:id:kun432:20170304230516j:plain

早速チケット買ってしまいました。親の田舎なので第二の地元でもあり、また楽しみです。

2017年2月に読んだ本

2017年2月の読書記録

  • node.js本、最近出たものがあまりないみたいなんだけど、とりあえず評判の良さそうなものを読んでいる。引き続き。
  • データサイエンスとか機械学習本を物色中。でもやっぱり数学知識が必要ということを感じ始めている。
  • 波よ聞いてくれ」と「悪童日記」はとても良かった。

タスク管理ゲーム化計画

タスク管理ゲーム化計画

悪童日記

悪童日記

波よ聞いてくれ(3) (アフタヌーンKC)

波よ聞いてくれ(3) (アフタヌーンKC)

3月中にこのあたり読み切ってしまいたい。

はじめてのNode.js -サーバーサイドJavaScriptでWebアプリを開発する-

はじめてのNode.js -サーバーサイドJavaScriptでWebアプリを開発する-

Web Development with Node and Express: Leveraging the JavaScript Stack

Web Development with Node and Express: Leveraging the JavaScript Stack

2017年1月に読んだ本

2017年1月の読書記録

  • 引き続きJavaScript関連。そろそろnode.jsに進みたい。
  • 改めてUnlimited入り直してるんだけど、何かの学習を始めるにあたり入門書をたくさん読むとかなら便利かもしれない、と思いだした。玉石混交、というか圧倒的に石が多いかもだけど。
  • コミックはなんか停滞気味

node.jsの「作って学ぶ」的な本ないですかね?洋書でもいいのだけど。

kun432の本棚 - 2017年01月 (11作品)
舞う竜の記憶
舞う竜の記憶
菅原雅雪
読了日:01月03日
評価4

powered by Booklog

2016年に読んでよかった本 〜技術書・ビジネス書編〜

コミック編に引き続き、2016年の技術書&ビジネス書まとめ。ざっくりまとめると、

  • 今年はマネージメントもやり始めたので、そちら方面の本が増えた。
  • 技術書としてはクラウド関連がメイン。言語関連は浅く狭くで今更のJavaScriptを基本から。
  • ずっと忙しくて心の余裕がなかったのと、管理者としての立場/技術者としての立場が整理できなくて、どういう風に本を読んでいけばいいのかがはっきりしなかった。読みきれなかったものも多ければ、ブログの更新も全くできず・・・

という感じ。やりたいこと/やるべきこと/やれること、がもうこんがらがってて、なんか混沌としてたなー。来年はもう少し技術サイドに寄って、やりたいことのポイントを絞って、深く狭く進んでいきたいと思ってます。


ビジネス書

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

マンガでよくわかる怒らない技術

マンガでよくわかる怒らない技術

1分間マネジャーの時間管理 (フェニックスシリーズ)

1分間マネジャーの時間管理 (フェニックスシリーズ)

  • 作者: ケン・ブランチャード,ウィリアム・オンケンJr,ハル・バローズ
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2013/02/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

メンタルが強い人がやめた13の習慣

メンタルが強い人がやめた13の習慣

SCRUM BOOT CAMP THE BOOK

SCRUM BOOT CAMP THE BOOK

新人ガール ITIL使って業務プロセス改善します!

新人ガール ITIL使って業務プロセス改善します!

新米主任 ITIL使ってチーム改善します!

新米主任 ITIL使ってチーム改善します!

パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学

パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学

HARD THINGS

HARD THINGS

マネージメント的な意味で読んでたんだけど、こうやって並んでるものを改めてみると、まあ、もがいていたなとw。とりあえずいろいろおすすめされていたりしたものを片っ端から読んでみたけど、結論から言うと、全然うまくいかなかった。まあベストプラクティス的なものを片っ端から取り入れて型にはめてみようとしたのが、多分最大の失敗。今年は、もう少し問題点を見極めて、フォーカスを絞って、取り組みたい。

技術書

Docker実践ガイド impress top gearシリーズ

Docker実践ガイド impress top gearシリーズ

Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門

Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門

合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト

合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト

jQuery入門道場

jQuery入門道場

クラウドとフロントエンドという、遠い組み合わせw。まあこれにも理由があって。

クラウドファーストな昨今はもちろん、今のシステムや業務的にクラウドは絶対マッチしていると思ってて、色々とハードルはあってそうそう簡単にはいかないと思うのだけど、いざ導入となった場合に備えての準備、というより、むしろ自分からクラウド化にもっていけるようにがんばりたいと思ってます。GCPも先日セミナーに参加した流れで読んでみたのだけど、ほぼAWSで決まりみたいな風潮の中、AWSが意外とイケてなくてGCPのほうが優れているという面もある、ということもわかって、比較対象としての選択肢が増えたという意味でとてもよかった。適材適所でうまく使い分けができるようになりたい。

JavaScriptは、今までバックエンドばっかりで、フロントエンドってきちんと勉強したこともない上適当だったのだけど、今時のフロントエンド界隈の動きとか、お客様に直接触れる部分であればもっと積極的に触れるようになったほうがいいのではないかということで。jqueryとか今更感満載ですけどねw

今年は、上記に加えて、PythonRubyなど、サーバサイドやデータ解析等も視野に入れてやっていきたいと思いますけど、技術全般に言えることとして、エコシステムも含めて押さえる必要があるし、できることや時間も限られているので、そのあたりは今後見極めつつ、ですね。

その他

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

いちばんカンタン!資産運用の超入門書

いちばんカンタン!資産運用の超入門書

火星の人

火星の人

撫物語 (講談社BOX)

撫物語 (講談社BOX)

最後にして最初のアイドル

最後にして最初のアイドル

その他はお金関連と小説を少し。あまり雑多に読めなかったのは反省。だけど、

カープ優勝バンザイ!

これで全部許せる気がするw


今年は去年に比べるとやや余裕ができた感はあるので(業務が減って、ではなく、慣れてきた、という理由・・・。)また読書記録を復活したいと思ってます。おすすめ書籍あれば教えてください。