kun432's blog

技術ネタ、読書記録、など。2015年から人生をやり直し中です。

2019年 振り返り

f:id:kun432:20191231174036p:plain

12月の振り返りに続いて、2019年全体を振り返って、目標の達成度合いを確認していきたいと思います。

資格を取る

達成!

未達成・・・

  • Google Cloud認定プロフェッショナルデータエンジニア
  • Certified Kubernetes Administrator (CKA)
  • Certified Kubernetes Application Developer (CKAD)
  • Certified OpenStack Administrator (COA)
  • OpenStack Professional Certification by LPI-Japan (OPCEL)

ここは主に上半期かな。AWSとAlexa関連で一通り立てていた目標は達成できました。資格取得のモチベーションとして、やりたいこととマッチしていたというのは大きくて、反面、下半期はやりたいことに直結しない、(仕事がらみだったりで)やらなくてはいけない、というところで、モチベーションも出せず、興味が薄れてしまいました。

ただ、来年はさすがにやらないといけないかなと思ってるので、また考えます。

以下今年の成果

f:id:kun432:20190212014046p:plain f:id:kun432:20190430190340p:plain

毎月一個、テーマを持ってスキルを作る

達成!

未達成・・・

  • 音声再生
  • ダイアログモデル
  • APL
  • セッション
  • ユーザプロファイル
  • リマインダーAPI
  • リストAPI
  • 位置情報サービス
  • アカウントリンク
  • Amazon Pay連携
  • スキル内課金
  • GameOn SDK
  • skill connection
  • Clova/Google Home向けも作る
  • フラッシュブリーフィング

これも上半期かなぁ。スキルを作る、というよりも、スキルを作るために必要ないろんな機能を実際にコード書いて試して学ぶってことでテーマに縛りをかけて、あとはそれを調べることで毎月のLTのネタにする、という目的もありました。スキル開発というよりもスキル開発のための学習の観点が強かったと今となっては思います。

なので、その縛りが自由にスキル作ってみるというところにもかかっていて、後半は少し停滞しちゃったのかなという気もしてます。来年はLTとか少し力ぬいいて、もう少し自由にスキル開発やってみようかなと言う感じです。

ちなみに作成したスキルは以下。

1分間サンセット

1分間サンセット

  • 発売日: 2019/02/12
  • メディア: アプリ

1分間キャンドル

1分間キャンドル

  • 発売日: 2019/01/31
  • メディア: アプリ

1分間暖炉

1分間暖炉

  • 発売日: 2019/01/31
  • メディア: アプリ

神戸あるある

神戸あるある

  • 発売日: 2019/05/03
  • メディア: アプリ

大阪あるある

大阪あるある

  • 発売日: 2019/05/07
  • メディア: アプリ

まねネコ

まねネコ

  • 発売日: 2019/04/01
  • メディア: アプリ

雨雲マップ

雨雲マップ

  • 発売日: 2019/08/16
  • メディア: アプリ

アウトプットする

達成!

  • LTで毎月登壇する
  • 近畿以外でLT登壇する
  • ハンズオン資料を作る
  • ハンズオンを開催する
  • イベントスタッフをやる
  • 技術同人誌を書く
  • Advent Calenderに2つ以上投稿する

未達成・・・

  • 違うテーマでLT登壇する
  • 最低、週1でgithubにコミット見直し

LTやったのも今年の2月が初めてだし、そこからほぼ毎月LTやって、ハッカソンとかのサポートやハンズオン講師もやって、コミュニティの運営側にも入って、っていうのを今改めて考えるとほんと今年1年で大きく変わったなと思う。ここは自分で自分を褒めてあげてもいいんじゃないかなと思ってます。やってみてコミュニティに携わることの楽しさがわかったし、この界隈のいろんなすごい人たちにも知り合えたので、今後も積極的に継続していきます。

あと、来年は違うコミュニティにも参加したい。k8sはやっていかないといけないってのもあるし、違うコミュニティでVUI絡めた話をするのも面白いのではないかなと思ってます。

以下、今年のLT一覧。(LT資料は各ページにあります)

スタッフとか。

ハンズオンもやりました!(ハンズオン資料は各ページにあります)

あと、Advent Calendarは、(ほぼ)一人でやったのも含めて、3つ。(ほぼ)一人Voiceflow Advent Calendarは大変だったけど、ほんとに得られたものは大きかった。怠け者なので無理にでも締切設定した方が向いている気がしましたw

で、技術書同人誌についてはこれです!(今年ではないけど)

私以外の執筆陣、ほんと豪華なのでぜひぜひご期待ください!そして、私の現在の進捗率はゼロです!年末年始集中します!

次、イベントはこれだ!(これも今年ではないけど)

Alexa Dayが新しく生まれ変わりました!スタッフやっていますので、ご都合合えばぜひぜひ来ていただきたいです!

ティーザーサイトはこちら!チケット申込やってます!そして、スポンサーもスピーカーも募集しています!ぜひよろしくおねがいします!

最後にブログ。Advent Calendarがあったので8月が多いんだけど、毎月コンスタントに書けたのはよかった。書くのも早くなったし。

f:id:kun432:20191231173833p:plain

勉強会・イベント

たくさん参加させてもらいました。主催者・参加者・会場提供の皆様、お世話になりました!

その他

達成!

  • 転職する
  • 個人名刺作る
  • ライブやコンサートにコンスタンスに行く

未達成・・・

  • Chromebookへの移行をトライしてみる
  • 旅行に行く

個人的には転職したのはいろんな意味で大きかった。楽しい事ばかりではないけど、新しい環境で新たに得られるものもいろいろある。半年経ってだいぶなれてきたので、これからが勝負かなと思っている。

あと、もう少し、息抜きというか、仕事や技術的なこととは違うところと触れる機会は意図的に増やしたい。映画だったり音楽だったり美術だったり、そういうのはここ数年減っていて、自分の立ち位置としてやりたいこと・やるべきことに集中するのは必要だと思うんだけど、違う刺激を受けることで新たなインスピレーションを得る、みたいなのは意図的に増やしていきたいなと思う。


まとめ

こうやって振り返ってみるとほんと中身の濃い1年だったと自分でも思う。過去数年間全部まとめても今年1年に満たないぐらい。けど、もっとできたのではないか、もっとこうしておけばよかったのではないか、という反省もあって、そのあたりは来年への宿題かなと思ってます。

ただ、そういうふうに思えるうちはまだ成長する余地があるということだと思うし、毎年、去年の自分よりも成長を感じ取れるよう、来年も目標立てて、コツコツ頑張りたいと思います。

今年も色々な方にお世話になりました。ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

皆様、良いお年を!

2019年12月振り返り

f:id:kun432:20191228021156p:plain

12月の振り返りです。今年の振り返りもやらないといけないのでサラッと。

資格

進捗なし。仕事でk8sちょっとづつやってます。

毎月一個、テーマを持ってスキルを作る

進捗ゼロ。これはもう来年に持ち越しですね・・・・

公開済15個
申請中0個
開発中6個

アウトプット

LT

LTではないけど、東京でVoiceflowハンズオン&ワークショップやってきました!楽しかった!

こっちは英語エントリ。

今回は自分の中ではチャレンジな面もあったので、それはそれで良かった。ただもっともっとハンズオンの質を高めていきたいなと改めて思ったのも事実。来年は地道にハンズオン開催していきたいなと思ってたりします。

東京のVUIerの皆様にもお世話になりました!

ブログ

今月も先月に続き5件。

うち2件はAdvent Calendarでした。目標達成です!

その他

イベント

今月もちょっと少なめ・・・ハンズオンの準備とかで忙しかったし、途中でヘルニアになってしまったのもあって、先月と同じ感じです。でも、主催者ならびに登壇者、参加者の皆様、ありがとうございました!


お知らせとかも含めて、続きは、2019年の振り返りエントリで〜。

Voiceflow TIPS #38 ファイル共有サイトにおいた音声ファイルを使う

ちょいちょい聞かれることも多いのでまとめてみます。

qiita.com

Voiceflowで効果音やサウンドなどの音声ファイルを使う場合、Speak Blockにそのままアップロードしちゃうのが一番カンタンです。Advent CalendarでもSpeak BlockやStream Blockを紹介した際はアップロードすることをオススメしています。

kun432.hatenablog.com

kun432.hatenablog.com

でもVoiceflowのフォーラムなどを見ていると、DropboxとかGoogleドライブとかのファイル共有サイトに置いたファイルをそのまま使いたいというのが案外多いんですね。で、ファイル共有用に発行した専用URLを使うんだけど、うまく行かないのです・・・

ということで、今回は特に質問が多いDropboxGoogleドライブにおいた音声ファイルを使う場合のTipsです。


Dropbox

Dropboxにあるmp3ファイルを使ってみましょう。Dropboxにsample.mp3というファイルをアップロードしてみました。

f:id:kun432:20191226224414p:plain

Dropbox内のファイルを使うには、そのファイルの共有設定を有効化して、外部から参照できるようにする必要があります。ファイルにカーソルを合せると「共有」ボタンが表示されるのでクリックします。

f:id:kun432:20191226225301p:plain

共有の設定画面が表示されるので、「リンクの作成」をクリックします。

f:id:kun432:20191227001547p:plain

共有用のリンクが作成されるので、「リンクをコピー」をクリックします。

f:id:kun432:20191227001626p:plain

クリップボードにリンクがコピーされます。

f:id:kun432:20191227001722p:plain

作成されたリンクはこういう感じになっています。

https://www.dropbox.com/s/XXXXXXXXXXXXXXX/sample.mp3?dl=0

ではこれを使ってスキルから再生してみましょう。Speak BlockにAudioを追加して、URLで指定してみます。

f:id:kun432:20191227002206p:plain

テストです。

f:id:kun432:20191227002903p:plain

うまくいきません。エラーメッセージはこんな感じになっています。

"error": {
    "type": "INVALID_RESPONSE",
    "message": "Invalid Audio Content for requestId amzn1.echo-api.request.XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX. Error: Invalid audio content in URL: https://www.dropbox.com/s/XXXXXXXXXXXXXXX/sample.mp3?dl=0"
}

なんかオーディオが不正だと出ていますね。では、URLのwww.dropbox.comの部分を``dl.dropboxusercontent.com```に変えてみましょう。Speak BlockのAudioを開いて以下のようなURLに変えてください。

https://dl.dropboxusercontent.com/s/XXXXXXXXXXXXXXX/sample.mp3

再テストです。

f:id:kun432:20191227003334p:plain

はい、今度は再生されました!

Googleドライブ

次はGoogleドライブです。同じファイルを使ってやってみます。sample.mp3を右クリックして、「共有可能なリンクを取得」を選択します。

f:id:kun432:20191227012840p:plain

URLが表示されて、自動的にクリップボードにコピーされます。

f:id:kun432:20191227013006p:plain

URLはこんな感じになっています。

https://drive.google.com/open?id=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

これを同じようにSpeak BlockのAudioに指定してテストしてみます。

f:id:kun432:20191227010717p:plain

メッセージは違うけど、うまくいきませんね・・・

でこういうふうにURLを変えてください、と言いたいのですが、こちらで確認した限り、Googleドライブの場合は必ずこれが正解、というものがないのですよね・・・・・なので一例をご紹介します。これで動いた方もいれば、動かないという方もいるということでご了承ください。

https://drive.google.com/uc?export=download&id=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

いかがでしょうか?結構めんどくさいですよね。しかもこの場合は事前にAlexaで使えるオーディオフォーマットに変換しておく必要があるのですよ・・・Voiceflowにファイルとしてアップロードした場合はこのあたりも含めてよしなに変換してくれるので(稀にうまく行かない場合もあります)、やっぱりVoiceflowへのアップロードが簡単に使えてオススメです!ただまあ知っておくと役に立つ場合があるかも、という参考情報として頭の片隅においておいていただければと思います。