kun432's blog

Alexaなどスマートスピーカーの話題中心に、Voiceflowの日本語情報を発信してます。たまにAWSやkubernetesなど。

〜スマートスピーカーやVoiceflowの記事は右メニューのカテゴリからどうぞ。〜

Voiceflow

Autocodeことはじめで、カウンターを作ってみた

以下で紹介されていたローコードプラットフォーム「Autocode」、Voiceflow Dialog Management APIの実行環境として使えるんではないか?ということで、ちょっと試してみた。 目次 目次 まずは触ってみる 参考 まずは触ってみる 上記サイトで紹介されているの…

Voiceflowのユーザーペルソナを試してみる

ひさびさのVoiceflowの新機能のご紹介です。 会話フローのテストを行う場合、ユーザの状態にあわせてテストを行いたいことがあります。 初めての利用なのか?何度も利用しているユーザなのか? スキルがユーザの名前を知っているのか?知らないのか? このよ…

AlexaスキルのテストをBotiumでやってみた①

Alexaスキルのテスト、どうしてますか?色々やり方はあると思います。 Alexa開発者コンソールのテストシミュレータ ベータテストを使った実機テスト ask dialogコマンド mocha/chai/jestなどによるユニットテスト テスト用フレームワーク alexa-conversation…

How to setup Voiceflow chatbot in your website using Voiceflow Dialog Management API

(Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)) I've been trying to use the Voiceflow Dialog Management API and was able to embed a chatbot into a website. 目次 目次 Disclaimer Thanks Prerequisites 1. A project created with Voic…

Voiceflow Dialog Management APIをつかってチャットボットをウェブサイトに設置できるようにしてみた

Voiceflow Dialog Management APIを使ってずっとやろうとしてウェブサイトへのチャットボット埋め込みができましたので、ご紹介します。 目次 目次 お約束 感謝 必要なもの 1. Voiceflowで作成したプロジェクトとAPIキー 2. チャットボットを設置したいWebサ…

Voiceflow Dialog Management APIのStateless APIを試してみた

過去の記事でVoiceflow Dialog Management APIをいろいろ試していましたが、全部State APIを使っていました。 Dialog Management APIはState APIだけではなく、もう一つ、Stateless APIというのがあります。今回はこれを試してみました。 目次 目次 Stateles…

VoiceflowのCapture Stepがアップデートされました!

VoiceflowのCapture Stepが新しくなりましたのでご紹介します。 目次 目次 これまでのCapture Step これまでのChoice Stepの問題点 新しくなったCapture Step 「Entire user reply」とは? まとめ これまでのCapture Step Voiceflowには、ユーザからの発話を…

Voiceflow Dialog Management APIでSlackとつないでみた

VoiceflowのDialog Management APIをつかって、LINEにつづいて、Slackにつないでみました。 Dialog Management APIについてはこちら。 目次 目次 構成 コード Slackアプリの作成&設定その1 Node.jsアプリ&ngrok起動 Slackアプリの設定その2 動作確認 ま…

Voiceflow Dialog Management APIでLINEとつないでみた

前回ご紹介したVoiceflowのDialog Management APIをつかって、LINEとつないでみました。 目次 目次 構成 コード 動作 その他 まとめ 構成 Voiceflow SDKでLINEとつないだときと基本的に同じです。 ローカルに立てたNode.jsアプリにngrok経由でLINE Messaging…

Voiceflow Dialog Management APIことはじめ

ずいぶんとご無沙汰してしまいましたが、久々のVoiceflowエントリ。 以下で紹介したVoiceflow SDK,実はすでにObsoleteになっています・・・・ Voiceflow SDKに変わって、現在新しく提供されているのが『Voiceflow Dialog Management API』です。 どのように…

Voiceflowでテスト共有が記録できる「Transcript」がリリースされました

昨年末ぐらいから、Voiceflowのテスト機能が大幅に強化されています。優れた会話設計は机上の設計だけで完結することはほとんどありません。実際に音声でテストを行ってみて、その結果をフィードバックして、さらに改善を繰り返していくことが必要になります…

Voiceflow: Choice Stepのエラーハンドリングのアップデート

VoiceflowのUIがまた新しくなっています。その中で、Choice Stepのエラーハンドリングが改善されていますのでご紹介します。 これまでのChoice Stepのエラーハンドリング 新しいChoice Stepのエラーハンドリング Repromptsのみを選択した場合 Pathのみを選択…

VoiceflowでAmazon Payをやってみる③ ChargeAPIの処理の流れ

VoiceflowでAmazon Payの第2回です。前回はSetup APIで支払準備を行い、Charge APIでの支払いの直前までを解説しました。今回はCharge APIでいよいよ実際の支払いです。 第1回はこちら。 第2回はこちら。 目次 目次 解説 Step 6 Step 7/8 完成後の全体フロー…

VoiceflowでAmazon Payをやってみる② Setup APIの処理の流れ

VoiceflowでAmazon Payの第2回です。前回はAmazon PayとAlexaスキルの接続を行い、デモスキルが動作するところまでをやりました。今回はスキルの実装について解説したいと思います。 第1回はこちら。 目次 目次 解説 全体像 Step1 Step2 STEP3 Step 4 Step 5…

VoiceflowでAmazon Payをやってみる①

前回、Voiceflowで音声パーミッションを実装してみました。 実はこれ、元々はVoiceflowの公式チュートリアルにあるAmazon Payのデモをいじってて、Skill Connectionsの仕組みが使えるなら音声パーミッションもできるはず、ということで、Amazon Payよりもシ…

Voiceflowで音声パーミッションをやってみる

AlexaにはSkill Connectionsという仕組みがあります。 スキルの中から別のスキルの特定の機能を呼び出すというものですね。上記のスライドでは、自分のカスタムスキルからプリンタースキルと連携して印刷を行うというのをやってました。他のスキルを呼び出す…

Voiceflow Updates: 最近のビジュアルなアップデート総まとめ

ここのところ忙しくてあまり発信できていませんでしたが、そんな中でもVoiceflowはいろいろとアップデートされています。主にV2イベント以降でリリースされた、ビジュアル面に特化したアップデートの内容をまとめたいと思います。 目次 目次 ラインのカスタ…

Voiceflow SDKでTwilio IVRチャットボットを作ってみた

前回のLINE BOTに続いて、今回はTwilioを使ったIVRチャットボットをVoiceflow SDKで作ってみました。 目次 目次 コードとアーキテクチャ 必要なもの アプリ実行 Twilioの設定 テスト コード まとめ コードとアーキテクチャ サンプルコードはこちら。 構成は…

Voiceflow SDKでLINE BOTを動かしてみる

先日のVFV2まとめの中でもご紹介した「Voiceflow SDK」、もう少しすると公式に提供されるはずですが、ややフライング気味にLINE BOTを実装してみました。 目次 目次 Voiceflow SDKとは? サンプルコードとアーキテクチャ 事前準備 サンプルアプリの実行 レポ…

Voiceflow新機能発表イベント 『#VFV2』まとめ⑤ No Code Capabilities to All & Wrap-up

Voiceflowの新機能発表イベント「VFV2」のまとめ、その5です。 最後はNo Code Capabilities to AllとWrap-upです。新機能(現時点でリリースされているものもあれば今後リリースされるものも含みます)についてはNew!をつけています。 No Code Capabilities…

Voiceflow新機能発表イベント 『#VFV2』まとめ④ Designer/Developer Hand-off

Voiceflowの新機能発表イベント「VFV2」のまとめ、その4です。 今回はDesigner/Developer Hand-offについて。新機能(現時点でリリースされているものもあれば今後リリースされるものも含みます)についてはNew!をつけています。 Designer/Developer Hand-o…

Voiceflow新機能発表イベント 『#VFV2』まとめ③ Prototyping and User Testing

Voiceflowの新機能発表イベント「VFV2」のまとめ、その3です。 今回はPrototyping and User Testingについて。新機能(現時点でリリースされているものもあれば今後リリースされるものも含みます)についてはNew!をつけています。 Prototyping and User Tes…

Voiceflow新機能発表イベント 『#VFV2』まとめ② Design and Documentation

Voiceflowの新機能発表イベント「VFV2」のまとめ、その2です。 今回はDesign and Documentationについて。新機能(現時点でリリースされているものもあれば今後リリースされるものも含みます)についてはNew!をつけています。 Design and Documentation 多…

Voiceflow新機能発表イベント 『#VFV2』まとめ①

今日早朝に開催されたVoiceflowの新機能発表イベント「VFV2」!眠い目をこすりながら見ている方もいらっしゃったかもしれませんが、目が覚めるぐらいに本当に多くの機能が紹介されました!数回に分けて、イベントの模様と新機能をご紹介していきます! オー…

Voiceflowの新しいステップ、Directive Stepがリリースされました!

Voiceflowの新機能、「Directive Step」がAlexa・Google両方向けにリリースされましたので、ご紹介します。 これまでVoiceflowは各機能のことを「ブロック」といってきましたが、正式には「ステップ」という言い方に変わっていますので、今後は「ステップ」…

Voiceflowでカスタムアシスタント向けテストツールがNLP/NLUに対応しました!

前回ご紹介したVoiceflowの「カスタムアシスタント」向けに新しい機能として「テストツールのNLP/NLU」対応がリリースされましたのでご紹介します。 NLPとは? NLPは"Natural Language Processing(自然言語処理)"の略で、人間が普段何気なく使っている言語…

"Kawaii" voice assitances and robots in Japan

I participated in VoiceLunch Global on 1/19 because Tomoharu Ito, who is one of Alexa Champions in Japan and also one of organizers of VoiceLunch Japan district, talked about state of the voice tech in JAPAN. His talk was well-explained an…

VoiceflowでAlexa・Google以外のカスタムなアシスタントが作れるようになりました

Voiceflowの新機能のご紹介です。これまでのVoiceflowで作れるのは、 Alexaスキル Googleアクション の2つでしたが、新たに「カスタムなアシスタント」が作れるようになりました。さっそくどういうものか見ていきましょう。 カスタムアシスタントの新規作成 …

「音声UX 〜ことばをデザインするための111の法則」を読んだ

あけましておめでとうございます。本年もよろしくおねがいします。今年一発目の記事です。 年末に以下の書籍が発売されていました。 音声UX 〜ことばをデザインするための111の法則作者:安藤 幸央発売日: 2020/12/29メディア: Kindle版 ここしばらくは音声関…

Voiceflowにおける会話のコンテキストを考える ⑥環境コンテキスト

「Voiceflowにおける会話のコンテキストを考える」シリーズのやっと最終回です。今回は「環境コンテキスト」です。 この記事は「Voiceflowにおける会話のコンテキストを考える 」シリーズの第6回の記事です。他の記事は以下にあります。よろしければあわせて…