kun432's blog

Alexaなどスマートスピーカーの話題中心に、Voiceflowの日本語情報を発信してます。たまにAWSやkubernetesなど。

〜スマートスピーカーやVoiceflowの記事は右メニューのカテゴリからどうぞ。〜

その他

HerokuでRedisを使う

前回の続き。 セッションストレージとして使うために、Redisを追加してみようと思います。 Redisアドオンの追加 アプリからRedisを参照する Redisにアクセスする おまけ まとめ Redisアドオンの追加 前回のHello Worldアプリが動いている状態から進めます。 …

LVMでPVディスク名が変わった場合、ボリュームはどうなるのか?

ちょっと疑問に思ったので試してみた。例えばこういう状況があって、 /dev/sda ローカルディスク(LVM) /dev/sdb ローカルディスク(LVM) /dev/sdc ローカルディスク(LVM) /dev/sdd ローカルディスク(非LVM) /dev/sde ローカルディスク(非LVM) ここ…

シェルスクリプトでロック

シェルスクリプトでロックファイルを使った排他制御をする場合、普通にファイルだとうまく行かない場合がある。なぜならロックファイルの作成と確認がアトミックに行われないから。 でこれを回避する方法として、シンボリックリンクを使う方法が紹介されてい…

Herokuへのデプロイいろいろメモ

Voiceflow SDKを使ったバックエンドスクリプトを、 なるべくお手軽に使える コーディングやバックエンドの知識がないユーザでもあまり意識せずに使える ようにして配布したいなぁと思ったとき、一番最初に思いついたのがHerokuでした。ただ、Heroku、ほんと…

Packer v1.7を試す

Packerのv1.7からpacker initプラグインをダウンロード・インストールできるようになったので試してみました。 目次 目次 要件 HCLテンプレート プラグインを使ってみる 変数のオーバーライド 既存のJSONテンプレートからHCLテンプレートに変換する まとめ …

(Organizations環境で)Transit Gatewayを使ったアカウント跨ぎのVPC間通信をTerraformで作る

マルチアカウント間の通信にTransit Gatewayを使う場合、以下の記事にあるようにResouce Access Managerを使ってリソース共有を行う必要があります。 Organizations環境でTerraformを使ってやってみたのでメモ。なお、Organizationsの設定でAWS Resource Acc…

いまさらだけどGitHub Actionsを試してみる②

前回の続きです。 前回はこちら。 GitHub Actionsの設定ファイルを見ていきます。 目次 目次 GitHub ActionsとGitHub Packages CI設定ファイル name on jobs steps GitHub ActionsとGitHub Packagesの連携 実行状態/結果を見る まとめ GitHub ActionsとGitHu…

いまさらだけどGitHub Actionsを試してみる①

いまさらですがGitHub ActionsをつかってGitHub Packageにパッケージを公開するところまでやってみようと思います。 ということで、こちらのQuickstartに従って進めてみます。 写経なのでメモです。 目次 目次 レポジトリの準備 GitHub Actionsのパッケージ…

技術書典10で買った本&ちょっとだけレビュー

ちょうど冬休みに入る頃から技術書典10が始まってます。 今回もたくさん買ったのでご紹介、あと一部は読み終わったのでかんたんにレビューしました。 読み終わった VoiceXMLって知らなかったけど、IVR向けのSSMLみたいなものらしいです。すでに活用できると…

買ってよかったもの 2020年

お題「#買って良かった2020」 今年も残すところ残りわずか、ということで、今年買ってよかったものをまとめておきます。前に「リモートワークで買ってよかったもの」をまとめてますが、それ以外のもので10個選んでみました。 目次 目次 買ってよかったもの x…

GitLabでLet's Encryptを使う

GitLabでLet's Encryptを使ってSSLを設定しょうとしたら盛大にハマったのでメモ。 目次 目次 環境 ハマったところ まとめ 環境 OS: Amazon Linux 2 gitLab-ee: 13.5.3 一般的にはgitlab-ceを使うほうが多いんでしょうが、GitLabの公式の以下の説明より、gitl…

PackerでEC2のAMIを作る

PackerでVyOSのvagrant boxを作ったので、調子に乗ってGitLabのAMIも作ってみました。構成はこんな感じ。 $ tree . ├── files │ ├── setup_base.sh │ ├── setup_docker.sh │ └── setup_gitlab.sh └── packer.json packer.jsonはこういう感じです。 { "variab…

github-cliの補完が効かない

ちょっと前にgithub-cliをインストールしてたのだけど、気がつくと補完が効かない・・・ $ gh cre-bash: _get_comp_words_by_ref: command not found 補完は.bash_profileに以下のように指定していました。 eval "$(gh completion -s bash)" なんかバグって…

VyOSでネットワークのおべんきょうをしてみる②

前回の続きです。 目次 目次 conntrack-syncを使ったクラスタ間のconntrackテーブルの同期 DNAT+ファイアウォールルールで外部→内部へのアクセス まとめ 参考 conntrack-syncを使ったクラスタ間のconntrackテーブルの同期 conntrack-syncを使うと、Activeに…

VyOSでネットワークのおべんきょうをしてみる①

前回、VyOSのrolling releaseのvagrant boxを作りました。 今回はこれを使って、VyOSで色々やってみたいと思います。 目次 目次 普通のルータ IPマスカレード 冗長化 次回 普通のルータ 構成はこんな感じです。 vagrantでサクッと環境を作ります。Vagrantfil…

VyOS rolling releaseのvagrant boxをPackerで作る

VyOSというLinuxをベースにしたルータOSがあります。 これをVagrantで使おうと思うと、以下のhigebuさん作成のvagrantプラグインとvyos boxを使うのが一般的です。 が、公開されているboxはvyos 1.1系で、vyos 1.1自体が本家でもうメンテされておらず、curre…

Gitlab APIを使う

Gitlab APIのメモです。 ユーザを作成する Admin権限を持ってないと多分できないです。"api"スコープを持ったアクセストークンを作ってやります。name, emailとパスワードに関するキー(passwordでパスワード指定するか、force_random_password&reset_passwor…

Linuxのユーザ管理にSTNSを使う

ちょっと調べ物です。 Linuxのユーザ管理をちゃんとやろうと思うとLDAPを使うことが多いと思います。が、やったことある人ならわかると思うんですが、ちょっとめんどくさい。ということで、今更感ありますが、「STNS」を試してみます。 STNSとは? STNS allo…

初音ミクはじめてみた①

今月はいろいろあってちょっと久々。 先日思い立って「初音ミクV4X」を買いました。 初音ミク V4X発売日: 2016/08/31メディア: ソフトウェア DTMはすごく昔(SC88Proとかなつい)ちょろっとかじっていたのですが、コロナで自宅にいることも多くなり、前から…

リモートワーク向けに買ってよかったもの・あってよかったもの

リモートワークが始まってもう半年以上経ちました。その中で、リモートワーク生活の質を高めるために、買ってよかったと思うもの、また、以前からあるけど改めてあってよかったなーと思うものをまとめたいと思います。 目次 目次 買ってよかったもの AfterSh…

OpenVPNサーバ・クライアントで2点間をつないでみる

自分用メモです。 過去に、VPNルータとかのHW製品を使ってVPNを構築したことはあるのだけど、諸般の事情によりOpenVPNを使うことになりました。OpenVPN使ったことないしVPNネットワークもあまり良くわかってないので、例によってVagrantを使ってこんな感じの…